プロフィール

フン虫王子を名乗る中村圭一とは、どのような人物なのか?

じつは、糞虫一筋の研究者でもなければ著名な昆虫の専門家でもないのです。

・・・いや、実は何もないんです。無知な昆虫少年がそのまま大きくなって、歳とっただけなんです。

 

プロフィールにウソはありませんが、かなり膨らませて書いてるんで、話半分に聞いてください。

アジアはあちこちバックパッカーとして歩き回ったので、いろんな出来事に遭遇しています。

まぁ、プロフィールというより、年寄りの思い出話に近いかもしれませんねー。

写真は、特に断りがないものは自分で撮影したものです。

プロフィール1 (糞虫編)

1978年  奈良女子大附属中学にて友人とともに昆虫同好会を設立

978~80年 同校学園祭の展示「昆虫天国(パート1〜3)」で奈良公園の糞虫を紹介

1980年   加藤禎孝教諭の指導のもと、日本学生科学賞(読売新聞社)で昆虫同好会

                の糞虫研究が最優秀賞(県知事賞)を受賞

1985年   京都大学農学部に在籍する傍ら、糞虫の観察を継続

1994年  農林中央金庫に勤務する傍ら、台湾烏来へ糞虫観察旅行

1995年     〃     中国新疆ウイグル自治区へ糞虫観察旅行

1996年     〃     カンボジア シェムリアプへ糞虫観察旅行

2016年  27年間務めた農林中央金庫を早期退職し、実家のある奈良にUターン。

        ならまち糞虫館設立準備室を立ち上げる

  〃  10月 ビジコン奈良2017に応募。生物観察ツアー拠点となる「ならまち糞虫 

         館」設立構想でセミファイナリストとなる。

2017年 4月  大阪のNPO法人シニア自然大学に入学

     7月   奈良市役所ギャラリーにて 「奈良の糞虫・世界の糞虫」展を開催

  〃   8月 愛知県豊田市の虫捕りワークショップ講師として参加

   〃   8月 奈良県中小企業診断士会で「フンコロガシと奈良の活性化」をテーマに

                    講演

  〃  10月 「ならまち糞虫館設立事業計画」が奈良市空き家・町屋活用モデル事業

         に採択(補助金400万円)される。

  〃  11月 奈良県創業支援資金(知事認定枠)に応募(現在、審査中)

  〃   12月 ビジコン奈良2018でビジネスプラン「泊まって楽しむエコツアー拠点

         ならまち糞虫館」で今年もセミファイナル(3次予選)に進出決定

2018年 1月 奈良県の制度融資が無利子・無保証料で利用可能となる奈良県創業支

         援資金(知事認定枠)としての認定を受ける。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

  〃   3月 シニア自然大学修了、自然活動体験指導者(NEAL)資格を取得(予定)

2018年 7月  奈良市南城戸町に「ならまち糞虫館」をオープン(予定)

 

プロフィール 2(生物編)

2012.3.13 ボルネオ島で見たラフレシア。悪臭で有名ですが、すぐ近くで嗅いでも「ん?!」てな感じ。大きな花なので、枯れて腐る時には悪臭を放つとは思いますが・・・。滅多に見れるもんではないので、よく確かめてないんじゃないかな?違ってたらゴメンナサイ。