糞虫の聖地 奈良公園の横に           『糞虫の博物館』を開設いたします。

 

 東大寺や興福寺、春日大社など世界遺産の宝庫、奈良。こうした神社仏閣やそれにまつわる伝統・文化は、奈良公園や春日山といった1300年以上も維持されてきた自然環境の中で育まれてきたものです。

 ならまち糞虫館は日本有数の糞虫の生息地でもある奈良公園や春日山の自然環境を次世代に継承するため、愉快な糞虫たちの姿や習性を世界の皆様に紹介することを通して、少しでもお役にたてればと考えています。

 

外国の糞虫館

ファーブル昆虫記で有名なタマオシコガネやこの写真のように巨大なオオサマダイコクコガネ、光り輝くニジイロダイコクコガネなど、世界の糞虫の色や形や習性は千差万別。

世界の糞虫について知りたい方は、コチラ

日本の糞虫館

ルリセンチコガネの生息地として有名な奈良公園は、日本の糞虫の聖地。一年を通して、さまざまな糞虫たちが活動するのを観察することができます。

日本の糞虫について知りたい方は、コチラ

糞虫の資料館

世界中の糞虫に関係する情報をここに収納・公開しています。海外の専門誌から地方の同好会活動報告まで、小さな発見や観察記録を大切に積み上げています。

糞虫の資料を見たい方は、コチラ


オモシロいので、おすすめ!の特集


糞虫館設立の進捗報告

 会社を辞めて奈良町に糞虫館を設立する活動を始めたフン虫王子。しかし、その行く手には様々な障害が待ち受けていた!

「諦めなければ必ず勝てる」を信条に、失敗を重ねつつもフン虫館設立に向けて前進する様子をリアルタイムで報告いたします。

 黒塗りなし・モザイクなしの報告書は、こちら

奈良公園の糞虫日記

 フン虫王子は奈良公園から徒歩2分の宮殿に住んでおり、よく観察に出かけます。糞虫の聖地と呼ばれる奈良公園は1年を通して多種多様な糞虫が入れ替わり立ち代わり現れては消えていきます。

 奈良公園の糞虫の”今”の様子を知りたい方は、こちら

ニュース

糞虫ネタではないけれど、今、奈良公園をはじめ世界の自然界で起きている大変なことやオモシロいことを、フン虫王子の視点で紹介します。

 ニュースの詳細は、こちら

フン虫王子:中村圭一

小さい頃から生き物好きで、中学時代に奈良公園の糞虫に出会い、ハマりました。就職後も細々と続けてはいましたが、遂に2016年、早期退職し糞虫館の設立に向けて本格的に活動を開始いたしました。

 フン虫王子こと中村のプロフィールは、こちら



このホームページは、現在も少しずつ手を加えているところです。今のところ基本的にはブログへリンクさせていますが、徐々にこのホームページに基本情報を蓄積していく計画です。気長に見守っていただければ幸いです。

 

    《ホームページの更新》

  • 7/2 掲示板の設置
  • 7/2  フン虫王子:中村圭一のプロフィールを掲載

 

コメント: 0